Uncategorized

【習慣化】初心者も簡単!正しいウォーキングのやり方【厳選6項目】

【習慣化】初心者も簡単!正しいウォーキングのやり方【厳選6項目】

 

皆さんこんにちは、ぽんでです。

皆さんはウォーキングに対して、このようなお悩みがありませんか?

  • ダイエットや健康維持としてウォーキングを始めたいが、何かいいやり方はないだろうか
  • みんなはどうやってウォーキングしてるの?
  • どこを、どんな服装で、どういう風に、何分何時間歩けばいいのか?

そんな疑問をお持ちの皆さんのために、今回の記事を用意しました(^^

ウォーキングの正しいやりかたとは?

代表的な下記の項目を、順番に解説していきたいと思います。

  1. ウォーキング方法   どんな感じで歩けばいいの?
  2. ウォーキング時間   どれくらい歩けばいいの?
  3. ウォーキングコース  どこを歩けばいいの?
  4. ウォーキングタイム  いつ歩けばいいの?
  5. ウォーキングの服装  どんな服装で歩けばいいの?
  6. ウォーキングアイテム 何を持って歩けばいいの?

では、さっそく参りましょう!

1.ウォーキング方法 ~ どんな感じて歩けばいいの?

ウォーキングはただ「歩く」だけでは片手落ちの状態といえます。

せっかく始めるのであれば、正しい方法で最大効率を目指しましょう(^^

下記の項目をしっかり意識して取り組んで頂くと、良いと思います。

  • 普段よりも少し早足・大股で歩く。
  • リズムを意識しながら歩く。
  • 姿勢は正しく、背筋を伸ばして、腹筋に軽く力を入れながら歩く。
  • ただ「歩く」のではなく「ウォーキング」している事を意識しながら歩く。

足早と大股に関しては、滑りそうな路面に注意して下さいね。

転倒した時のダメージは結構大きいと思います。

腹筋に軽く力を入れるのは背筋とのバランスを保つ為です。

夢中で歩いていると、つい忘れがちですので意識しましょう。

姿勢を正しくリズムを意識すると軽い瞑想状態に持ち込めます。

ランナーズハイとはちょっと違うかもですが、ウォーキングの副産物として

瞑想状態に入れるという大きなメリットがあります。

瞑想と聞くと、ちょっと怪しい話かなと思いますが違います。

グーグルや各大企業でも、健康促進や記憶の整理に効果があるとして

マインドフルネス型「瞑想」が取り入れらている実例もあります。

2.ウォーキング時間 ~ どれくらい歩けばいいの?

大体の目安ではありますが、ザックリとこんな感じです。

  • 健康維持、運動不足解消、姿勢矯正が目的の人は、1日20~30分。
  • ダイエット、スタミナ増強、脚力強化が目的の人は、1日50~60分。

運動をする習慣のない方は、たった5分間だけのトライでもオーケー。

まずは行動しましょう♫

その5分間だけでもウォーキングの良さを必ず実感出来ます

慣れてきたら少しずつ時間を伸ばし、目的に合った時間を目指します。

ダイエットが目的の人は多少時間が長めですが頑張りましょう。

ウォーキングをすると分かりますが、20分位でカラダがホットになってきます。

それは脂肪燃焼タイムといって、そこからが勝負となります。

  • ダイエットしたいけど運動はイヤ!
  • 脚や腰が悪いので運動はあまりできないけど痩せたい!

と、いう方は下記の記事へどうぞ。

3.ウォーキングコース ~ どこを歩けばいいの?

ウォーキングではコース選びも重要です。

コース選びの時には、下記の項目をチェックしてみて下さい。

<必須項目> これだけは絶対条件です。

途中で止まったり休んだりする事なく、歩き続けることができるコースを選びましょう。

多少の坂道だったり、階段があったりしても問題ありません。とにかく歩き続けられる状況を作ることが大事です。

<最適項目> こんなコースだと最高です!

皆さんと同じウォーキングをしている人や、ランニングしている人が多いコースを選びましょう。

ぶっちゃけですが、、、

「ウォーキングは必ず挫折します」

人間は自分と同じ行動をしている人を目にするとモチベーションが保てるという行動の科学では言われております。

ウォーキングを習慣化し、皆さんの目標を達成するためにも、選択時にはこの項目も参考にしていきましょう。

<安全項目> 自分なりのルートを考えよう!

防犯上安全なコースを選ぶのも大切です。

人が多すぎるコースもウォーキングしずらいですが、

あまりにも人が居ないコースも防犯上どうかなと思いますね。

特に女性や年配の方は、防犯上問題ないと思われるコースにしましょうね。

4.ウォーキングタイム ~ いつ歩けばいいの?

日中は紫外線が強いので、早朝か夜がオススメです。

食事の前か後かは、食事の内容によります。

  • ガッツリ系の重量感ある食事であれば、食前に。
  • サラっと食べれる感じの食事であれば、食後30分以上休憩してから。

上記を目安にウォーキングするといいでしょう。

5.ウォーキングの服装 ~ どんな服装で歩けばいいの?

基本的にはどんな服装でもいいのですが、

下記の条件をクリアしているとウォーキングに集中できるのでオススメです。

  • 靴    ~ 適正サイズで歩きやすいもの
  • 上下の服 ~ 身体にフィットするスリムなもの
  • 帽子   ~ 長めのツバが付いたキャップタイプ

やはりダボダボの服装だとウォーキングしずらいと思います。

季節に合わせて適切な組み合わせを選びましょう。

帽子に関してのオススメ理由は、深く被るとコース以外の風景が視界に入らなくなるのでウォーキングに集中出来るからです。

靴は消耗品と考え、あまり高級なものは避けたほうが良いと思いますが、余裕がある人は、こだわってもみてもいいと思います。

靴に関して大切なことは「底が減ったまま履かない事」です。

底が減ったままの靴でウォーキングを続けると、カラダのバランスが崩れてしまします

間接的ですが健康にも影響しますので、気をつけましょう。

6.ウォーキングアイテム ~ 何を持って歩けばいいの?

たったこれだけ、これだけは絶対に持っていって下さい!

ウォーキングの歩数や距離を、カウント出来るモノ。

なぜなら、これが無いとウォーキングを習慣化する事が難しいからです。

人間はものごとに関し「すすんでる感」がないと継続するのが難しいのです。

極端かもしれませんが、これ以外の持ち物はいりません。

スマホ自体やスマホアプリにその機能があれば便利ですね。

昔ながらの歩数計でもスマートウォッチでもオーケーですよ。

ウォーキングに行く時に忘れたら必ず取りに戻りましょう。

歩数計を持っていった人は、ウォーキング完了後にメモやノートに記録をしましょう。

明日以降のモチベーションに寄与します。

個人的なオススメ最小限セットは、、、

  • スマホ
  • ヘッドセット(片耳用

以上、2点のみです。

スマホにはキャッシュレス決済、歩数計、距離計、コースGPS記録がアプリで入ってます。

ヘッドセットは周囲の音も聞きやすいように、あえて片耳用にしてます。

以上、いかがでしたでしょうか?

皆さんの疑問が、少しでもこの記事で解消できていれば幸いです。

ウォーキングを習慣化できれば、皆さんの目標も達成できるのではないでしょうか。

明日のウォーキングが、良いウォーキングでありますように!(^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。