ファミリー

【子育ては】親になる前に読むべき本 トップ5【メンタルが大事】

子育ては、メンタルが大事

皆さんにとって、はじめての子供ができた時、それはそれは嬉しいことですね。

でも、子供が生まれた瞬間に、皆さんは、、、

「親1年生」になりますよね。

そうです、1年生ということは、、、、

色々と勉強しなくてはいけません。

そう、いまのあなたは、、、

親として、右も左も分からない状態なんです。

よく考えてみて下さい。子供が成人しても、、、

親はずっと親なのです。

その長い年月を、上手に過ごしていくための、メンタル作りが、欠かせません。

親としての基本姿勢や考え方だけを勉強しても、メンタル面において安定できるように、そこに関しても勉強しておかないと、色々と辛くなる場面に対応しきれない可能性がありますよね。

そこで今回は、子育てに役立つ本を、

みんな大好き「ランキング形式」で紹介いたします。

個々人で合う合わないなどの相性もあるかと思いますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

お時間があれば、読書について効率良くインプットできる方法の記事もどうぞ。

【最強】人生が変わる読書法。ただの読書はもう卒業しよう【答え探し】

では、参りましょう!

 

第5位

反応しない練習

ビジネス書として有名な本書ですが、、、

子育てにも応用できるようなメンタルテクニックが満載です。

生まれたて直後であれば、あまり悩むこともないと思いますが、

子供が成長してきて、子供やあなた自身が新しいコミュニティーに所属するようになる時に、

この本で、めっちゃ「ラク」になれるはずです。

本を読めば分かりますが「反応しない」イコール「無視する」ではありません。

あくまでも「反応しない」という事なんです。

そのためのメンタルテクニックがこの本には満載なんです。

予習的な意味合いも込めて、この本は早い段階で読破しましょう。

第4位

嫌われる勇気

こちらは有名な「アドラー心理学」の本ですね。

自己啓発に熱心な方や、ビジネス書が好きな方は一度は読んだことがあるかも知れません。

哲学を極めし「哲人」と、悩み多き「青年」の対話形式でお話が進行していきますので、抵抗なく読めるのではないでしょうか。

とくに「課題の分離」のくだりは、ビジネスのみならず、、、

何かのコミュニティーに属する方であれば、必見な内容です。

  • 学校のPTA
  • 学校や習い事のママ友サークル ・・・

などなど、子どもの保護者として、様々なコミュニティーに絡みますよね。

その他も、人間の心理、悩み、迷い、判断に関して斬新な角度から見ているような感じでした。

やはりこの本も早い段階で読んで見ることをオススメします。

 

第3位

目からウロコのコーチング

完全なビジネス書に思えますが、子育てにも応用できる内容が多々あります。

本書の一部ですが、概要としては、

  • 聴く
  • 受け入れる
  • 承認する
  • Iメッセージで伝える(私は、~~~と思う。など)
  • 信じる能力

など、対人関係でのコミュニケーションに関しコーチングと言う手法で切り込んでいます。

部下であろうが、血のつながった子供であろうが、

自我が存在する限り、自分とは違う存在として理解して接していかないと、より良い関係は結べません。

子供が成長するにつれ、この本の重要度が増すのではないでしょうか。

ここまでは主に「メンタル作り」に、影響する本でした。

いよいよ「親の姿勢」に関しての本の紹介となりますよ。

 

第2位

子どもを愛する親のために

やっと本のタイトルに「子ども」の文字がでてきましたね。

様々な子育て指南書が発売されていますが、私個人的には、

「メンタル作り」「親としての姿勢」この2つのコラボ

が、最適ではないかなと思うのです。

この本では主に「親」と「子」の関係性について、多数のケースやその解決法を紹介しています。

子育てに関するテクニックも満載でオススメですよ。

読みすすめると分かりますが、お母さんに対してのフォロー章もあります。

やはり「メンタル作り」は大事ですよね。

子ども一番長く時間を共有するお母さん、これは大変な仕事だと思います。


第1位

いま子育てに必要なこと

第一位のこの本は是非多くの方に読んでいただきたいですね。

本書では「子どもを育てる3つの柱」として、

  • 愛情
  • 時間と感動の共有
  • 親の権威(リーダーシップ)

が、緊急性が高いもの順に、その必要性が詳しく紹介されています。

また、その3つの柱のバランスも重要であると書かれてあります。

「不登校・・・子供の個性・・・伝わらない愛情・・・」

親である限り、尽きることのない子育ての悩み。

(本文より一部抜粋)

~ 一緒に家の仕事をして汗を流したり、子どもが経験した悲しい出来事に

耳を傾けて、同情したり励ましたりしてください。

心の糸が震えるような感動をたくさん共有してください。

人は感動を共有することで、親密な人間関係を築くのです。 ~

著者の方に関するホームページは、こちら

子育てに全力で取り組む金子耕弐さん。

講演会などの情報もホームページに載っていますよ。

私も2回ほどお邪魔させて頂きました。是非ご夫婦で参加してみてはどうでしょうか。

皆さんの子育てがより良い時間でありますように。

 

ちなみに読書について効率良くインプットできる方法はこちら

【最強】人生が変わる読書法。ただの読書はもう卒業しよう【答え探し】

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

皆さんの良いファミリーライフを祈っております。