キャンプ

【初心者】デイキャンプでの持ち物はこれ!おすすめ38選【日帰り】

【初心者】デイキャンプでの持ち物はこれ!おすすめ38選【日帰り】

 

ポンデくん
ポンデくん
お泊りキャンプは荷物も多そうだし大変そう・・・
クロネコさん
クロネコさん
日帰りのデイキャンプなら出来そうじゃない?

そうだ!

日帰りのデイキャンプなら出来そうだ。

ファミリーや気の合う仲間たちと

ワイワイ行きたいな。

でもデイキャンプの持ち物は

なにがいいんだろう?

宿泊するよりも時間も少ないし、

おすすめのアイテムを知りたいな。

 

この記事では

デイキャンプで活躍するおすすめアイテム

を紹介していきます。

デイキャンプとは

その名の通り日帰りでキャンプをすることですので

当然、準備や撤収にかかる時間は少ないほうがいいですよね

そのほうが

みんなで楽しむ時間がふえますからね^^

それではアイテム紹介に参りましょう!

サンシェード

ポンデくん
ポンデくん
テント泊はしないから、テントは必要ないかな?
クロネコさん
クロネコさん
でもプライバシーを確保できる空間は大事だよ

子どもたちを着替えさせたり、

お母さんのお化粧直しだったりなどなど、

そんなときに活躍するのがサンシェードです。

ポップアップ式から組み立て式など

いろいろありますよね。

個人的なオススメは時間短縮タイプです。

理由としては、

ちょこっと使えればいいから。

でも人によってはごろ寝したいから、

しっかりしたタイプが良いって言う人もいると思いますので、

タイプ別にわけてみました。

それぞれ比較してみて、お気に入りを見つけましょう^^

時間節約タイプ(空いた時間でキャンプを楽しむ



しっかり設営タイプ(強風でも大丈夫、安心


タープ

デイキャンプといえばタープ!

このアイテムはこだわって行きたいですよね。

明るいうちが勝負のデイキャンプとしては

マストのアイテムとなります。

タープの中はみんなが過ごすリビングの役割となります。

各メーカーから

いろんなタイプが出てますので

タイプ別にわけました。

大きく分けると

「ヘキサタープ(スクエアタープ)」と

「スクリーンタープ」と

「パーティーシェード」に別れます。

ヘキサタープ日よけ、風よけ、雨よけをメインとしています。

スクリーンタープメッシュカーテンで外界と仕切られるため、

日よけ、風よけ、雨よけという機能のほかに、虫の侵入を最小限にしてくれる利点もあります。

パーティーシェードスクリーンタープのメッシュなしバージョン想像してください。

一緒に行くメンバーなどを考えながら最適なアイテムを選びましょう。

個人的なオススメはスクリーンタープの時間短縮タイプです。

しっかり設営タイプでも

手慣れたメンバー2~3人で組みたてると、

アッという間に設営できます。

でも私の場合は

「自分」と「子どもたち」での設営を考えてますので

時間短縮タイプが良いかなと思います。

スクリーンタープ(時間短縮タイプ)空いた時間を楽しむ


クロネコさん
クロネコさん
上と下の商品を合体して使うとスクリーンタープになるよ


 

スクリーンタープ(しっかり設営タイプ)強風でも安心




ヘキサタープ、スクエアタープ(お手軽設営、荷物少


パーティーシェード(開放感たっぷり



チェア

チェアもいろいろなタイプがありますよね。

どれがいいのか

迷ってしまう人も多いと思いますが

安心して下さい^^

デイキャンプをどうやって過ごすかで、

ある程度しぼられますよ。

  • 普通に楽しめれば大丈夫 → ノーマルタイプ
  • マッターリと過ごしたい → リラックスタイプ
  • とにかく体を動かしたい → 簡易タイプ

個人的なオススメは簡易タイプですね。

理由としては

色々と体も動かしたいですし、

リラックスしたいときは、

サンシェード内やコットに寝転がりたいからです。

あと一部のリラックスチェアは

形状により

食卓テーブルとの高さがうまく合わないケース

がありますので注意です。

ではそれぞれ見ていきましょう。

ノーマルタイプ


 

リラックスタイプ




簡易タイプ

ここでいう簡易タイプとは

テーブルに付属しているイスの事を

簡易タイプとしています。



コット

一台だけでも持っていると便利なアイテム「コット」

簡易ベッドのことを言います。

基本はベッドですが

二人がけのイスとして使えたり、設営や撤収時のちょっとした荷物置き場として使えたりとなにかと便利ですよ。

そしてなんと言っても

青空の下で寝転がれるという贅沢なアイテムです。

あまり種類はないのですが、

地面からの高さが決まっているので

数種類ご紹介します。

個人的なオススメは高さが調節できるタイプですね。

理由としては

低くすればテント内でも使えるし、

高くすればタープ内でイスとしても使えるからです^^

ある程度つかい方が決まっていれば、高さも決まってきますよね。

では、見ていきましょう。




テーブル

テーブルも色々な種類があります。

どれを選んでいいか迷ってしまったら、

とりあえずオススメのタイプはスクエアタイプの120cmですね。

理由としては、

ある程度の広さと安定感を確保できているため応用が効くところですね。

収納時のコンパクトさや重量なども比較して、

お気に入りを選びましょう。

スクエアテーブル(迷ったら、コレ。

人気の「Taimonik」のテーブル!

クルクルと丸めて収納できるので

どこへでも持っていけますね


コンロ置型テーブル(小さなお子さんも安心


BBQコンロ

これもかなりの種類があって

迷ってしまう人も多いのでは。

個人的なオススメは簡易卓上タイプで

なおかつ収納時コンパクトになるものですね。

理由としては

デイキャンプは宿泊キャンプとくらべてコンロを使う時間が短い(回数が少ない)からです。

でも一緒に行くメンバー構成によっても、どんなタイプが良いかなど

考え方は、それぞれあると思います。

では、見ていきましょう。

ノーマル卓上タイプ(定番コンロ


簡易卓上タイプ(収納コンパクト



ノーマル地上タイプ(大人数ならコレ



バーナー

デイキャンプとしても

一台あるとなにかと便利なバーナー。

食後のコーヒーを楽しんだり、

ちょっとスープが飲みたかったり、

小腹が減って

ミニカップ麺を作ったりと

色々便利ですよね。

色々なタイプがありますが、

デイキャンプではガス缶タイプがオススメです。

理由としては

時間節約ですね。

ガソリンタイプは

セットや火力安定に時間がかかるので

個人的にはオススメしません。

バーナーも様々な種類がありますね。

料理で使う人と、

ちょっとお湯を沸かす位でいいよ、

と、いう人で

選ぶバーナーも違ってきます。

では、いろいろと見ていきましょう^^

家庭用カセットガスコンロ(手持ちのモノでもOK



ストーブ系コンパクトバーナー(荷物少!



 

ツーバーナー(料理の作業効率UP!


 

クーラーボックス

ハードタイプやソフトタイプなど様々ありますよね。

迷ってしまった人にはハードタイプがオススメです。

理由は宿泊キャンプ時にも、サブクーラーとして使えるから^^

大きさも色々ですが、デイキャンプでは

巨大なクーラーは必要い無いと思いますよ。

食料も食べきりだと思いますので、

ドリンク冷却優先で考えてもいいですよね。

キンキンに冷えたドリンクは、最高にうまいですよねー^^

では、見ていきましょう。

ハードタイプ


ソフトタイプ


ウォータージャグ

これもあると非常に便利です。

めちゃくちゃな大容量は必要ないと思います。

料理に使ったり、

水鉄砲に水を入れたり、

ちょっと手を洗いたかったり、など、

設営場所から水場まで、

往復する時間を節約できます。

個人的なオススメはソフトタイプの8リッター前後のものですね。

理由としては

コンパクト&軽量だからです。

デイキャンプに於いて荷物を減らすのは大事ですよね^^

各種類、見ていきましょう。



まとめ

駆け足で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回紹介したアイテム達は

きっとあなたのデイキャンプを

より良いものにしてくれると思いますよ。

色々あれこれ迷っているときが一番楽しいですよね^^

比較していただき、

おすすめのアイテムたちと

デイキャンプに繰り出しましょう!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

2,500円分のビットコインがもらえる!(2022年6月まで)
コインチェック

かんたん口座開設、3ステップ!

  1. メール認証と電話番号認証をする
  2. 本人確認書類をWebやアプリで提出
  3. コインチェックで本人確認完了すれば開設完了!

 

コインチェックで、サクッと口座を開設する。